サプリメントで補える栄養素

成分に注意していますか

まずは成分と成分量をしっかりチェック

サプリメントは、その飲み合わせや摂取量により、健康に害を与える場合もあります。
骨粗しょう症対策に良いとされるビタミンDは、飲む必要があるとされる人には病院で適した量を処方してくれますが、自分で判断し過剰に摂取してしまうと、肝臓に負担がかかり肝機能障害を起こすという例がありました。
一番怖いのが、海外から手軽に個人輸入で手に入るサプリメントです。
決して海外のサプリメントが全て悪い物という事ではありません。
その成分が日本では許可されていない成分や、健康被害を招く可能性のある成分が含まれている事もあります。
また、服用している薬がある場合には、その飲み合わせも確認する必要があります。
サプリメントを製造販売している会社では、病院から処方された薬を服用している人は、購入する前に必ず確認してほしいと、呼びかけている会社もあります。

サプリメントで健康を手に入れる為に

サプリメントで補う事ができる栄養素は、ビタミン類からカルシウム類まで全てあります。
結論から言えば、人が一日に摂取しなければならない栄養素を、全てサプリメントでそろえる事も不可能ではありません。
しかし、錠剤やカプセルを水や白湯で飲み干すだけの食事が、果たして楽しい物でしょうか。
人は日々の食事での咀嚼がなければ、顎や歯が徐々に弱くなっていくでしょう。
やがては、咀嚼による脳への刺激もなくなっていきます。
結果的には、不健康な生活・人生へと向かっているように思えませんか。
必要な栄養の全てをサプリメントに頼るのではなく、日々の食事を見直して、自分に今足りていない栄養素は何なのか、まずはそこから見直してサプリメントはあくまでも補助として考え、健康的な食生活を目指しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る